企業とNPOとの協働

「企業の森」を活かした社会貢献活動

二酸化炭素の固定や生物多様性の向上に貢献でき、社員や家族、地域住民が活用できる場が生まれることから、企業の環境活動、社会貢献活動としての森づくりが注目されています。増えつつある放置林の整備や活用は自治体にとっても課題であり、「企業の森」はその解決策としても期待されています。 当協会では、候補地の選定、植林のコーディネート、保全作業計画の立案・運営、イベントの企画運営など、「企業の森」活動を全面的に支援しています。

「企業の森」のしくみ

【自治体】:手入れができず放置されている森など、未活用の森の斡旋(多くは無償貸与)など。
【企業】:社員や家族の参加による植林、整備。地域社会との交流。森を活用したイベントの開催など。
【NPO】:候補地の選定、保全作業計画、活用方法の提案、イベントの企画・運営など。

これまでの実績

【パラッツオ東京プラザグループ】
「千葉おぐらの森」支援事業 2012年~

会社創立40周年を記念した「人と多様な生物が暮らせる森づくり」を、候補地選定からサポート。従業員や周辺住民が安心して自然と触れ合える森を目指して、保全活動、環境調査、自然体験イベントなどを実施しています。

【株式会社損保ジャパン】
「嵐山ふれあいの森」支援事業 2009年~

会社創立120周年記念としてスタートした、緑に親しみ森を育てる活動です。
当協会では、候補地選定から社員参加のイベント企画運営、森の維持管理の支援をしています。

一緒に活動しませんか。 -学校・各種団体・企業の皆様へ-

上記の自然体験プログラム等は学校や各組織をはじめ、さまざまな活動団体の皆様とご相談や要請をうけて、企画のご提案ならびに協働開催を行っています。興味のある方は東京事務局までお問合せ下さい。

pagetop