企業とNPOとの協働

フィールド活動への団体参加についてのご案内

企業や団体として、森林保護などのボランティア活動に初めて取り組む場合、場所の選定、道具の準備やその使い方の習熟、また、作業の進め方や安全管理等、事前に考慮する課題が多く、なかなか実施まで踏み切れないという声を多く聞きます。 そこで、当協会では上記に対するサポートを万全に整え、全国14箇所で実施するフィールド活動へのボランティア受け入れを行っています。特に、当協会で実施するグリーンセイバー資格検定を取得したメンバーが、安全面に配慮しながら、作業の指導のみならず、森林保全の目的や将来像、自然との付き合い方などについても実際の自然を例にわかりやすくご案内します。

1. 活動への参加について

  • 活動への参加は参加希望日の一カ月以上前にお申込み下さい。
  • 14箇所のフィールドのうちどのフィールドへいつ参加したいかを、事前にご相談ください。
    ご要望に応じ、こちらでご案内もいたします。(協会HPにて活動内容ならびに活動日をご確認下さい)
  • 保険は当協会で加入いたしますが、代金は御社にてご負担願います。
    損害保険・・・1人500円 ※保険の詳細については別途ご確認下さい。
  • 受入人数は、活動内容や場所にもよりますが、概ね20~30名を目安にご検討ください。
    50名以上など、大勢での参加を希望する場合は、臨時活動日を設け、受け入れを行います。

2. 活動について

フィールドでの当日の作業は、通常のボランティア参加者と同じ作業となります。従って、単に作業をするだけではなく、一般参加者との交流や自然との触れ合いを通して、里山保全活動の楽しさを味わうことができます。ただし、作業に慣れるまではフィールド指導員の指示のもとに、団体参加者だけのグループでの作業をしていただきます。その後、適当なタイミングで、通常参加者との合同作業に移ります。

3. 備考

初心者が5名以上参加される場合は、万全な体制を整えるためグリーンセイバーを派遣し、活動をサポートいたしますので、基本的に有料サービスとなります。詳細は別途ご確認下さい。 今後、こうしたさまざまな活動に積極的に取り組む予定がありましたら、この機会に是非法人会員にご加入下さい。

pagetop