みんなの自然体験プログラム

動物の賑わう森づくり」プロジェクト

恩賜上野動物園と多摩動物公園の2つの動物園を舞台に、森づくりや自然の大切さを普及することを目的に、動物が生きていくためにも不可欠な動物の生息地や食餌に関わりある樹木の植樹や森づくり活動を実践しています。 この2つの施設での活動のノウハウや手法を取りまとめ、動物園での森づくり活動を全国の動物園に波及することを目指しています。

  • 2010~2011年 国土緑化推進機構 緑の募金公募対象事業
  • 2011年  東京コカ・コーラボトリング株式会社様・DTS(株)様の協賛による森づくりイベントの開催
  • 2011年~ 荏原製作所(株)様の協賛による森づくりイベントの開催
  • 2012年  JT助成対象事業(上野動物園)
  • 大阪コミュニケーション助成対象事業(多摩動物公園)

運営体制

動物園での「動物や生態系保全という切り口からの森づくり活動」を実践し、地域のこどもたちへ自然の大切さや守る意識を普及します。

検討委員会

  • 「動物」 小宮 輝之氏(恩賜上野動物園 元園長)
  • 「動物」  錦織 一臣 氏(多摩動物公園 教育普及課長) 
  • 「動物」  あべ 弘士氏 (絵本作家/元旭山動物園 飼育員)
  • 「動物」  早川 篤氏 (大阪市立天王寺動物園 飼育課)
  • 「教育」  山田 修平氏 (特定非営利活動法人東京学芸大 こども未来研究所 理事)
  • 「教育」  湊 秋作氏 (財団法人キープ協会 やまねミュージアム 館長)
  • 「森林」  神保 賢一路氏(神奈川県野生鳥獣保護観察指導員)
  • 「森林」  澁澤 寿一 (当会 理事長)

これまでの取り組み

恩賜上野動物園

2007年3月 動物の喜ぶ木をうえよう(レッサーパンダ舎、クマ舎等、計3エリアでの植樹活動)
2008年11月動物が喜ぶ環境をつくろう ( 子ども動物園、東園花壇等計9エリアでの植樹活動 )
2009年3月 クマたちの丘 緑化壁づくり

*2009年4月より緑化壁のメンテナンスのボランティア活動を月1回開始 詳細はこちら
2009年10月 植樹樹木のメンテナンス&動物への餌やり体験イベント

多摩動物公園

2010年12月 親子で一緒に動物の賑わう多摩の森づくり(森の手入れ・カブトムシのすみかづくり)
2012年10月 全国都市緑化フェアTOKYO 「みどりのパンダをつくろう」

富山市ファミリーパーク

2011年11月 動物の賑わう森づくりイベント

教材のご案内

動物と生きもののつながりを学び、動物の暮らしを守るために人間が自然に対し何ができるか、考えるきっかけを提供することを目指して、教材を開発しました。 動物園の中でクイズの答えを探したり、動物たちを観察しながら完成させるワークシート形式で、小学校低学年から大人の方まで楽しめます。無償でダウンロードできますので、ぜひご活用ください。

●こんな方におすすめ

・動物園や動植物園などで総合学習に取り組みたい学校や団体関係者の方

●教材:どうぶつクイズラリー/どうぶつ福笑い

 詳細はこちら

一緒に活動しませんか。 -学校・各種団体・企業の皆様へ-

上記の自然体験プログラム等は学校や各組織をはじめ、さまざまな活動団体の皆様とご相談や要請をうけて、企画のご提案ならびに協働開催を行っています。興味のある方は東京事務局までお問合せ下さい。

pagetop